読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hatuburg

貴城はつ主催小説サークル「hatuburg」の告知置き場

例大祭12新刊「砂金の街の吸血鬼」および紅楼夢10既刊「王女と吸血鬼」について

貴城はつです。

 

ありがたいことに先日の第十二回博麗神社例大祭にて、新刊「砂金の街の吸血鬼」は持ち込み分は完売、メロンブックス様への委託分もほぼ全てが完売と相成りました。

 

しかし私の事情により、今後しばらくは再版および再委託は不可能なため、メロンブックスDL様でのPDFデータのダウンロード販売をもって、買い逃がされた方への救済策とさせて頂きます。

 

砂金の街の吸血鬼 DL版

www.melonbooks.com

特設

 

王女と吸血鬼 DL版

www.melonbooks.com

特設

 

なお一年後ないし二年後の活動再開の際には、両作とも少部数ほど再版して持ち込む予定です。ただし再委託は行わない方針です。

 

それでは。

5月10日開催の博麗神社例大祭について

貴城はつです。

当サークルは第十二回博麗神社例大祭にサークル参加を致します。

東6のか-03aです。

 

以下当日の頒布物について。

 

 

【新刊】砂金の街の吸血鬼 116頁/800円

 

前回こんぺに投稿した旧版「砂金の街の吸血鬼」を「レミリア・スタコージウ・シリーズ」に組み込むにあたり、大幅な改変と加筆を加えたリメイク作品です。

舞台は西暦1856年のサンフランシスコ。ゴールドラッシュの熱狂が冷めやらぬこの地にレミリア・スカーレットは降り立ちます。相も変わらず東方前日譚西洋時代小説ですが、前作よりはファンタジー成分多めですのでご注意ください。

表紙絵および挿絵には少年少女隊のこぞう様を、本体表紙絵には愛欲MOCKのもこきよ様をお迎えしております。詳しくは新刊特設にて。

メロンブックス様に書店委託をさせて頂いております。

f:id:hatuburg:20150505144019g:plain

またPixivにはサンプルを、ニコニコ動画には簡単な自作トレイラーを投稿してあります。内容が気になる方はどうぞ。

www.pixiv.net

【例大祭12】砂金の街の吸血鬼【トレイラー】 ‐ ニコニコ動画:GINZA

 

 

【既刊】王女と吸血鬼 204頁/1000円

 

f:id:hatuburg:20150505144504j:plain

紅楼夢既刊「王女と吸血鬼」も持ち込みますが、部数に余裕はありません。再々版の予定はありません。今回が最後の頒布となると思いますので、お買い逃しのないようにお願い致します。

王女と吸血鬼特設

 

 

【委託】怨霊 蘇我屠自古 356頁/700円

 

サークル榊魚屋様のC86既刊「怨霊 蘇我屠自古」の委託を受けております。こちらも少部数ですのでお気をつけください。

 

当スペースでの頒布物は以上となります。

続いて当サークルに関係のある他サークルの頒布物について。

 

【き-25a 劇団文七】東方小説書評集2014.8-2015.5

 劇団文七様発行の書評集に拙著「王女と吸血鬼」の書評が掲載されるようです。私も内容は把握していないので少し緊張しております。なお上述の通り「王女と吸血鬼」の在庫に余裕はないのでご注意ください。

 

以上となります。

 

なお例大祭以後は冬コミ刊行の合同誌に寄稿予定があるぐらいで、ほぼ休止状態となります。C91で新刊を出せれば……という感じです。それまで当サークルを記憶の隅に留めて頂ければ幸いです。

 

それでは。

3月14日開催の紅のひろばについて

 

貴城はつです。

当サークルは残念ながら紅のひろばには参加できません。ただ有り難いことに間接的にいくつかのサークル様と関わらせて頂いております。

 

 

・【 か-14 贖罪モナトリアム様 】

 

 

もなつさんのナポレオン軍装本にて、美鈴、咲夜、フランドール、レミリアのテキストを担当させて頂きました。イラスト+小説+音楽のマルチメディア本です。マルチメディアってこれで使い方合ってるかな。

普段以上に厨二成分マシマシです。咲夜さんなんかは非常に難産でしたが書いていて楽しかったです。委託もされるそうなので当日行けない方も是非どうぞ。

 

 

・【 か-21 赤茶単様 

 

 

フィナーレ井上さんに描いて頂きました拙著「王女と吸血鬼」のレミィの油絵が展示販売されます。油絵ですよ油絵。特定の場面を切り取ったというよりも、作品全体をイメージした油絵となっております。一点限りですのでご注意を。

ただ残念ながら「王女と吸血鬼」はとらのあな様の通販からは引き上げております。残りは例大祭会場にて頒布しますが、決して在庫は潤沢ではないのでご注意ください。

 

 

ついでに例大祭について。

新刊「砂金の街の吸血鬼」はおおよそが準備できております。不穏な気配はありますがおそらく無事に頒布できると思うのでしばしお待ちください。情報は四月下旬には発表できると思います。

 

それでは。