読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hatuburg

貴城はつ主催小説サークル「hatuburg」の告知置き場

5月7日開催の第14回博麗神社例大祭について

貴城はつです。

 

当サークルは第14回博麗神社例大祭にサークル参加を致します。

東2ホール、H-37bにスペースを頂いております。

 以下、当日の頒布物およびその他の告知について。

 

【新刊】Oriental Reverie 108頁/800円

頒布予定だった新刊「ストリゴイの夜」が落ちたため、代打としてこれまで合同に寄稿した三作品を纏めた短編集「Oriental Reverie」を頒布します。

東方歴史合同西洋編に寄稿した「オリエンタル・レヴァリエ」、社会主義合同「帝都のデュラハン」、こいし片思い合同に寄稿した「ラピルスの館」の三編を収録しております。ところどころ表現に修正をかけていますが大幅な変更はありません。

意図していた訳ではないのですが全てヴィクトリア朝大英帝国絡みの時代小説集になりました。趣味がよくわかりますね。

ピンチヒッターということで委託はありません。

なおまた落とした「ストリゴイの夜」についてはとりあえず申し込んである夏コミに目指して執筆を続けますが、基本的には来年の例大祭で万全を期して出せるようにしたいと思います。残り100頁ほど。果たしてどうなるか……

 

【既刊】アレルヤ 54頁/500円

    砂金の街の吸血鬼 116頁/800円

    王女と吸血鬼 204頁/1,000円

 既刊は「アレルヤ」「砂金の街の吸血鬼」「王女と吸血鬼」の三種を頒布します。アレルヤのみメロンで委託継続中。ただそろそろ委託期間も終わるのではないかと…

 

宜しくお願い致します。

 

それでは。

 

10月9日開催の東方紅楼夢12について

貴城はつです。

 

当サークルは東方紅楼夢12にサークル参加を致します。

G-31bにスペースを頂いております。

 以下、当日の頒布物について

 

【新刊】アレルヤ 54頁/500円

東方創想話に投稿した「博麗の巫女、語るに落つ。」「つまさき」に加え、書き下ろし短編「アレルヤ」を含めた三篇を収録した短編集となっております。過去作については収録にあたり編集を加えております。

書き下ろしの「アレルヤ」は、これまでの時代小説とは違い、幻想郷を舞台にした取り留めのない随筆のような小説です。内容はお楽しみに。

表紙絵には細道小道の逕様をお迎えしております。

またメロンブックス様に委託をさせて頂いております。

www.melonbooks.co.jp

 

 

【既刊】砂金の街の吸血鬼 116頁/800円

【既刊】王女と吸血鬼 204頁/1,000円

 既刊の西洋時代小説「砂金の街の吸血鬼」および「王女と吸血鬼」も再販致します。こちらは委託はありません。

 

以上となります。当日はよろしくお願い致します。

 

なお次回の参加予定イベントは第14回博麗神社例大祭です。本来紅楼夢で頒布するはずだった「ストリゴイの夜」をどうにか完成させて持ち込みたいと考えております。よろしくお願い致します。

 

それでは。

5月8日開催の第13回博麗神社例大祭について

貴城はつです。

 

当サークルは第13回博麗神社例大祭にサークル参加を致します。

東4ホール、て-11aにスペースを頂いております。

 以下、当日の頒布物およびその他の告知について。

 

【新刊】ストリゴイの夜 序幕 104頁/600円

 本来頒布する予定であった「ストリゴイの夜」が力及ばず本イベントに間に合わなかったため、序盤の二章を収録したプレビュー版を頒布することとなりました。

15世紀ワラキアおよびハンガリーを舞台に、レミリアとフランドールの原初を描く、東方西洋怪奇時代小説、の序幕になります。これまで同様、「レミリア・スタコージウ・シリーズ」の内の一作となります。挿絵はサークル「ENEMYS'S ATTACK!!!」のloAlo様にお願いしております。

なお完成版については、10月9日開催の第12回東方紅楼夢にて頒布予定です。本プレビュー版と同等の内容も、紅楼夢前にはサンプルとして公開予定です。今回は委託はありません。

 

 

【既刊】砂金の街の吸血鬼 116頁/800円

    王女と吸血鬼 204頁/1000円

 「レミリア・スタコージウ・シリーズ」の既刊二種も再頒布致します。装丁・組版が少々変わっております。なお両作はメロンブックスDL様にてダウンロード販売を継続しておりますので、本媒体の再委託は検討しておりません。

www.melonbooks.com

砂金の街の吸血鬼特設

王女と吸血鬼特設

 

当日の当スペースでの頒布物は以上となります。

 

【寄稿】東方歴史合同「幻想郷の昴」西洋編

    オリエンタル・レヴァリエ

 

 て-31a「雅趣雅俗」様にて頒布される東方歴史合同西洋編に、掌編「オリエンタル・レヴァリエ」を寄稿させて頂きました。扉絵はサークル「スアリテスミ」のひそな様にお願いさせて頂いております。

西暦1866年のオスマン帝国帝都コンスタンティノープルイスタンブール)に、英国貴族レミリア・スカーレットとその従者、紅美鈴が降り立ちます。世界で最も濃密な歴史を有するこの都市で、美鈴は〝彼女〟に出会います。

 

【寄稿】古明地こいしに片思い合同「ぼくがこいしたおんなのこ」

    ラピルスの館

 

 お-12ab「愛欲MOCK」様にて頒布される古明地こいしに片思い合同に、掌編「ラピルスの館」を寄稿させて頂きました。扉絵はサークル「あけのからす」のもちぬ様にお願いさせて頂いております。

物語が始まるのは西暦1901年、英国南東部の海沿いの城館。さる貴族の跡取り息子たる少年と、ある不思議な少女の交わりを描きました。

 

【査読】Spilled Milk

 

 

サークル「パルピテリア」様から発行される新刊「Spilled Milk」の査読校正を担当させて頂きました。また後書きのスペースも頂けたため、1頁ほどの文章も寄稿させて頂いております。

 

以上となります。

 

直近の次の参加イベントは10月9日の東方紅楼夢になります。そこで「ストリゴイの夜」の完全版を今度こそお披露目できれば、と考えております。よろしくお願い致します。

それでは。